私の住む地方も梅雨明けし、急に暑くなりました。毎日外に出るのがきつく感じられますが、そうも言ってはいられないのが現状です。そういった中において、JR西日本も鉄道についての復旧作業を進めており、山陽本線も来週火曜日から不通区間の一部が復旧することになりました。ただ、列車の本数は少なめということでしたので、完全な復旧はまだ先になります。私の住む地方でも、山陽本線の重要さは変わりません。ただ、市内の海沿いの辺りの土砂崩れについては、やっと重機が入って作業に取り掛かるといったところで、復旧には3か月位掛かると思われるそうでした。来週火曜日からは代行バスも運転されるということですが、電話で問い合わせたところ、1日に20本位で、列車に接続しているかどうかは判らないということでした。また、ハッキリとした時刻も判らないということでしたので、明日以降に駅で問い合わせてみようと思います。今日、午後に自転車に乗って、ある保育園の近くを通ると、JRの自動車が停まっていました。私の家の近くを走るローカル線の鉄橋の辺りでしたが、職員の一人が川に入って測量をしている様でした。土砂崩れが起こっていなかった箇所ですが、全線について調べているのだろうと思います。雨が降ると、直ぐに徐行運転や運休する路線ですので、これを機会に状態を改善して貰えれば有難いのですが、他の路線も厳しい状況であることからして、難しいと思います。ただ、復旧作業が始まったのは良いことですので、出来るだけ早期に復旧して欲しいものです。http://indexmasher.com/ginkou/hokuyou.html