台車に亀裂が入って問題となった新幹線ですが、名古屋駅から移動する事が出来ず、その新幹線が別の場所に移動し完全に復旧するのは16日以降にまでズレ込む事が分かりました。

今回は小倉駅を発車後から異変があった訳ですからよくここまで放置したなと思います。その辺が影響してここまで長く留置されているのかは分かりませんが、台車ほどの重要な部分の異常を放置したJR西日本の罪は重いと思います。

今回その新幹線を停めて運転打ち切りを決めたのはJR東海ですが、最初に京都出発後に異変があり名古屋で運転打ち切りをしたとニュースになったのはJR東海にとって完全にとばっちりだと思います。

世間がどういう認識かは分かりませんが恐らく誤解している人も多いと思います。今回の事があってやはりJR西日本が安全運行を心掛けるとは言ってもその問題の根がかなり深いという事を認識させられるニュースでした。

日本が誇る新幹線を脱線の危機に晒した事には憤りを覚えます。今回の亀裂の原因がまだ分かりませんが、もはや新幹線は日本の産業ですからこんな生半可な事が2度とないようにお願いしたいですね。

新幹線を運行する会社が時速300キロの怖さを忘れるなどあってはなりません。acom