Month: 8月 2018

今日は、私は仕事が休みで夫婦で心療内科に行ってきました。

私達夫婦は、パニック障害という病気で1週間に1度、診察しています。
私は、システムエンジニアをしております。
仕事が多い時期があり、いつも労働時間、睡眠時間等ずっとストレスの環境で仕事をしていました。
ある日、電車の中で動悸、手・足の震え、過呼吸が起こり、電車を降りてベンチに座っていました。
正直、死ぬと思いました。
心療内科に行ったら、パニック障害と言われました。
妻も業種は違いますが、仕事のし過ぎで同じ病気になりました。
私達は、今、通っている心療内科で知り合いました。
ですので、お互いの病気をわかっているので、安心できます。
今日は、朝からでしたので、受付順で診察なので、早めに行きましたが、
6番目でした。
診察が終わってから、薬を処方されるまでに2時間かかるんで、ファミレスでランチを食べ
ドリンクバーで時間を過ごました。
2時間立ち、心療内科に戻ったのですが、凄く作業が遅れていた様で、更に30分程
待ちました。
やっと呼ばれて、薬の確認をしていたら、違っている事がわかり、処方のし直しで
1時間、待ちました。
私達は、この心療内科に来て、内情もわかっているので怒る事はないです。
私達はこの心療内科のおかげで、私は、社会復帰出来ましたし、妻とも結婚
できました。
本当に通っている心療内科と医院長先生には感謝しています。アイトレーニング

川越市長は浸水被害の責任を取る条例案を市議会に提案するそうです

川越市の川合市長が去年の台風21号の時の初動対応がしっかり出来なかった責任を取って2ヶ月間、自身の給料を3割カットする案を提案する事になったそうです。

なんでも浸水被害に対する認識や体制が不十分で情報発信も上手くいかなかった事に対しての責任を取ろうという事だそうです。

やはり市のトップが自身の責任を認めてこのように動くのは選挙で選ぶ市民の側からすれば悪い話ではないかもしれません。クリーンな政治をして貰えれば市民としては言う事ないと思います。

しかし額面通りにとっていいものか、とも思います。給料カットするとはいえ3割です。これは批判をかわすため、次の選挙に影響しないためなど本当にただの反省なのかと裏を考えてしまいます。

ただ、浸水や台風自体は市長が引き起こした災害という訳ではなく、自然現象です。なのでそれで3割カットは英断とも言えるかもしれません。

私は川越市わ川越市長の事に詳しくないのではっきりと言う事は出来ません。ですが善であれ偽善であれ市民に誠意を示す時代になってきた事は歓迎していいのかなと思いますね。http://www.foosquare.com/