読書感想文のマニュアルが出回っていることが賛否両論を巻き起こしています。おそらく、読書感想文で嫌な思いをしたことがある人は少なくないと思います。「何で感想をいちいち文章にしなければならないのか」「そもそも感動を言葉にできるのか」などと疑問を抱く人もいることでしょう。しかし、現代社会において自分の心情や考えを言葉にすることは必須の条件と言えます。例えば、高校や大学の入試や就活の履歴書、さらに社会人になってからの書類やプレゼンテーションなど、自分の考えを文章にすることが要求されることは非常に増えています。もしこの時「言葉にできません」と言えば、間違いなく不合格やリストラに遭うことでしょう。読書感想文は将来、自分の考えを言葉にするための練習なのです。もちろん、感想文である以上、正解はありません。しかし、自分が思ったことを文章にすることの難しさを体験することができます。この難しさが自分で物事を考えて言葉にしていく能力に結び付いていくのです。読書感想文から逃げている人に、この能力は身に付かず、現代社会では間違いなく苦労していくだろうと思っています。アコム 手数料