デフレの頃ですが、ネットオークションにはまってしまっていた時期がありました。
アンティークやビンテージが好きで、そういったものは普通の店には売ってないし、近くに骨董品店などもなかったので、ネットオークションで探すしかなかったんです。
開始価格はすごく安いから飛びつきやすかったですし。
最初の頃は結構慎重に損をしないよう買ってましたが、慣れてくるとだんだん高値になっても維持になって入札したり。
かなりの高額で落札してしまったものもありました。
気に入って落札した商品ですから、届いたときは嬉しかったし、今でも大切に使ってはいますけどね。
自分でも出品して不要品を処分したし、トータルでそんなに散財したということもなかったですけど、運営に収めた手数料も結構な金額になっていたと思います。
断捨離がブームになって以来、オークション熱も冷めて、今では有料会員登録も停止してます。
落札した後気に入らず結局また出品して手放した商品などもあり、今となってはもったいないことをしていたなあと反省するばかりです。ミュゼ 2人